介護

デンマークの皆さんの幸福感

皆さん、こんばんは!

コージィ高橋です。

 

今日は、「デンマークの高齢者が世界一幸せなわけ」という本を読みました。

率直に「幸せな理由は何なんだろう?」と思いながら、本を読んでいきました。

 

本の中には、高齢者も介護に携わる方も、幸せに日々を過ごしている様子が描かれていました。

「介護疲れ」という、日本ではよく聞く言葉とは無縁な感じです。

 

デンマークでは、誕生日を子供に限らず、一年の大事な行事としてお祝いする風習があったり、三世代で一緒に休暇を過ごすケースが多かったりするようで、その辺りも、国全体で幸せな雰囲気を醸し出す理由になっているのかな、と思いました。

本の最初には、幸せそうな高齢者の方々の写真で溢れていて、とても印象的でした。

介護のスタッフと一緒に談話する楽しそうな様子、やりがいを感じながら介護に携わっている様子など、「本当にいい国だなぁ…」と感じました。

 

この感じた幸福感を、日本で介護に携わる場合に、どう紐づけるか?

答えは見えてはいませんが、少し思ったのは、「誕生日を祝う」という小さなステップが、幸せな介護へのヒントになるような気がしました。

 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です