介護

車いす?介護?どうしよう!

「手術以外、その痛みを止める方法はありませんよ。
手術しなければ、悪くなることはあっても良くなることはありません。」
その医師の言葉に愕然とした。

10数年前。左股関節炎症のための激しい痛みに耐えかねて、病院を訪れた時、
医師の口から発せられた言葉だった。

手術をする。

その言葉を聞いた瞬間、
過去6回、手術を受けた時のことがまざまざと思い出された。

確かに手術のお陰で、私は生き延びることができた。
S字結腸がん、乳がん、急性膵臓、胆嚢炎、卵巣嚢腫、子宮筋腫、すべて、手術によって、患部を摘出することによって、生きながらえることができた。
だから、もちろん、手術には感謝している。

しかし、手術の後の、麻酔の気持ちの悪さ。なんとも形容のしがたい辛さをまた、味あわなければならないのかと思うと、
「ハイ。手術を受けます。」とは言えなかった。

私の頭の中には、車いす姿の自分が浮かんだ。
そして、おそらく介護を受けているであろ姿も。

しかし、介護のことにまったくの無知だった私はどうしたら良いのか、分からなかった。

そのことで、頭はいっぱいになってしまった。

もっと、早くに、介護のことを知っておくべきだった。車いすのことも調べておくべきだった。

介護についての知識があったら、車いすについての情報を知っていたら、もっと、毅然とした態度で、医師に「No!」と言えたのではなかったか。

介護について学ぶこと、車いすの情報を知っておくこと。それは、学ぶのに早すぎることはない。

心から、そう思った。

〜〜〜〜〜

どなたか、営業、契約締結などの交渉が得意な方はいらっしゃいませんか?

UNIMO販売の販売権、又は、広告料をいただけるよう、交渉していただけると素敵だと思います。

そうしたら、この記事の下に、ご興味のある方はこちらへと、リンクを貼りたいです。

ことによったら、孤立フリー協会の活動資金が得られるかも・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。