未分類

女性がハッピーになれる買い物とは?


女性と男性は考え方が違うというのは多くの人が感じていることですよね。
それは、買い物の時のも現れます。

何かを購入するときにはその裏に満たされたい感情が存在します。
女性が満たしたい感情は「私らしく居られる新しい世界に連れて行ってほしい」ことです。
そして女性は男性よりも感情を共有したい気持ちが強いです。
男性は経験の共有を求めがち、女性は感情の共有を求めがちと言えます。

男性にはもともと根拠のない自信があり、女性はもともと自信がないところから出発しています。
女性の初期設定が「自信のない私」だそうです。
そして女性は「ときめく魔法」が欲しいのです。そのときめく魔法に、自信を持たせてほしいという期待をしながら物を購入するのが女性スタイルのお買い物の流れです。

この、「ときめき」が大切だというのは私の中にもある感覚です。
運命的に出会ったものに、自信が持てて私らしく居られる世界に連れて行ってほしい、という願いが叶うと、その商品を買った満足度は高まります。

男性は何を買いたいのかをはっきりと決めて比較検討したうえで買い物をするらしいですが、
女性はもっと衝動的に出会ったものに対して、私らしさが得られるかどうか、で買い物をするようです。

ただ、時々私は男性的な買い物の仕方をすることがあるので、一概に女性はこういう風に購入まで至る、と
断定しずらい面もあるのではないか、というのが個人的な気持ちです。

女性性の高い女性と、男性性のほうが高い女性というかたもいらっしゃいます。

とは言え、やはり男女差というものはあるので、男性性が高い女性でも、男性よりも
「マイストーリー」「ときめき」「プリンセスに戻れる魔法」という要素に反応して、
物を購入している場面は多いのでしょう。

購入するときの心理面からの推測で(あくまでも私の推測ですが)女性が孤立を感じる時というのは、ときめきもない毎日に浸かっている時や、私らしく居られていないと感じる時、が可能性が高いです。

孤立フリーに参加してもらう女性が、もしここでときめくものを見つけてもらえたら、孤立フリーの存在価値がより高まるのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。