介護

「すべてのひとにハッピーシニアライフを」を読んで

すべてのひとにハッピーシニアライフを
http://amzn.to/3uNTJuP

この本を読んでみて、一番の発見だったことは、

「介護はいきなりやってくる!」ではないことです。

よく階段から転倒して、入院してからそのまま寝たきりになり、云々・・・

と聞きますが、私たち現代人は、便利になりすぎた社会的な弊害として、

気がつかない所で健康状態が蝕まれているのです。

だから、介護、老後は今は関係ないとか、

親の介護が先だとか、言う前に、すでに今からできる健康管理が重要なのです。

その一方で、介護が必要な状態から回復できる症例もいくらでもあります。

まず、一番オススメしたいことは、過保護にならないことです。

手を差し伸べることが優しさではなく、心配だけど見守る勇気と根気強さ

それが、回復、改善の道なのです。

これらストレッチやヨガなどの運動もしかりですが、

それができない人にとっては、さするだけでも傷ついた神経が回復するのです。

これは打撲などをした場合、自然に損傷部を手でさする行為はとても理にかなっているのです。

専門的な用語ではtrpv2というタンパク質のセンサーが傷ついた神経の修復を促すのです。

いかがでしょう?

ヨガやストレッチができない人でも”さする”という行為は誰でもできます。

簡単な行為で希望が見えてきますよね?!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。