介護

関節は動かないと動かせなくなっていく

こんにちは、まゆです。

歳を重ねて脚が前に出しづらいと感じたり、
つまずきやすくなってしまったあなたへ
 
今からでも変わっていけるコツをお伝えします。
 
 
……………………

わたしたちって関節を筋肉で
動かして行動してるんですよね。
 
 
歩くときを考えてみると
股関節、膝関節、足首関節、足の関節
いっぱい動かしていますね!
 
 
関節を動かしていると
周りにお肉たちがくっつく暇がないのでスッキリします。
 
 
逆にあんまり動かしていないと
周りの組織が固まってきます。
 
動かしづらくなってしまうんですね。
 
 
動かさない→動かない、の悪循環にハマります。
 
 
関節がお肉で埋もれているなら
動かしているつもりになってるだけかもしれません。
 
 
……………

股関節を動きを確かめる実験をしてみませんか?

やり方はカンタンです。

1 腰に手を当てます

2 腰の位置を変えずに片脚ずつ膝を
あげてみます。
 

これだけです!

・重要ポイント
お尻が横に上がらないように
気をつけてくださいね。
 
 
グラグラして危なかったら寝てやってみてください。
 
 
…………
 
 
歩くときに股関節をきちんと動かしていないと
段差でつまずきやすくなったり腰が痛くなったりします。
 
 
関節をちゃんと動かすことを
少し意識してみてくださいね。
 
 
動かし始めると埋もれていた関節が
はっきりしてきます。
 
 
人はいつからでも変わっていけます。
 
楽しくラクに歩ける脚を取り戻しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です